「アンリ・マティスの切り紙絵:自由なフォルム」展を巡る魅惑の世界

美術展情報

マティス 自由なフォルム展

会期 2024年2月14日(水)~5月27日(月)休館日 毎週火曜日

国立新美術館 開館時間 10:00 ~ 18:00

チケット:2200円(前売2000円)

1. アンリ・マティスとは?

アンリ・マティスは、20世紀を代表するフランスの画家であり、大胆な色彩表現で知られています。彼はフォーヴィスム運動の中心的存在であり、晩年には切り紙絵にも取り組みました。

2. 切り紙絵の魅力

切り紙絵は、彼の「デッサンと色彩の永遠の葛藤」を解決する新たな芸術表現でした。

マティスは、十二指腸癌の手術を2度受け、車いすの生活を余儀なくされ、両手だけでできる芸術として「切り紙絵」を1942年頃(73歳)編み出しました。

この展覧会では、約150点の作品や資料が展示されています。

3. 展覧会の構成

  • セクション1: 色彩の道
    • フォービズム時代やニース時代の作品を中心に展示。
  • セクション2: アトリエ
    • ニースのアトリエで描かれたオダリスクの絵画など。
  • セクション3: 舞台装置から大型装飾へ
    • 舞台「ナイチンゲールの歌」の映像や壁画のスライド上映。
  • セクション4: 自由なフォルム
    • 切り紙絵の代表作《ブルー・ヌードⅣ》や日本初公開の大作《花と果実》。
  • セクション5: ヴァンスのロザリオ礼拝堂
    • マティスが手掛けたロザリオ礼拝堂の原寸大再現空間。

4. おすすめ作品

《ブルー・ヌードⅣ》

マティス82歳のときに制作された大傑作。

これを模写しようかなと思っています。

《花と果実》

高さ410cm、幅870cmの大作で、日本初公開。

東京2024年、絶対に見逃せない美術展!
2024年もいろんな美術展があり、既に前売り券も発売されているので、私が行きたい展示会をリストアップしたいと思います。 1月 3 2023年12月5日〜2024年2月25日 蜷川実花展 EternityinaMoment 瞬きの中の永遠 東

応援クリックよろしくお願いします。

美術館・ギャラリーランキング
美術館・ギャラリーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました