光と色の饗宴:東京都美術館で贈る『印象派 モネからアメリカへ』ウスター美術館所蔵の美宝

美術展情報

日本人は「モネ」が好きなのでしょうね。毎年、モネの企画展やっているような気がしますね。

まあ、この企画展は、モネ展というより、ルノアールなども含めたパリの印象派やそれにふれたアメリカの画家がその表現方法を自国にもって帰った作品などがあるアメリカのマサチューセッツ州ウースター美術館の所蔵品が展示されています。

当時のフランスの「印象派」の画風は、世界中にインパクトを与えたようですね。アメリカだけではなく、日本にも黒田清輝などがフランスに留学して、日本へ持ち込みました。

企画主旨:19世紀後半、大都市パリには国外からも多くの画家が集いました。パリで印象派に触れ、学んだ画家たちは、新しい絵画の表現手法を自国へ持ち帰ります。 本展は、西洋美術の伝統を覆した印象派の革新性とその広がり、とりわけアメリカ各地で展開した印象派の諸相に注目します。

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

会期:2024年1月27日(土)~ 4月7日(日)開室時間:9:30-17:30

会場:東京都美術館

観覧料:[平日・通常券]一般2,200円、大学生・専門学生1,300円、65歳以上1,500円

この展示会は撮影不可でした。

モネの魅力が広がる!「モネ 連作の情景 東京展」での素晴らしい体験と感想
「モネ 連作の情景 東京展」に行ってきました。モネは人気ですね。結構な人でした。既に30万人を突破したそうです。特に若い女性が多いと思いました。 モネの描く水面がユラユラ揺れたり、空のまぶしさがキラキラしたりして、非常にメルヘンチックな展示...
東京2024年、絶対に見逃せない美術展!
2024年もいろんな美術展があり、既に前売り券も発売されているので、私が行きたい展示会をリストアップしたいと思います。 1月 3 2023年12月5日〜2024年2月25日 蜷川実花展 EternityinaMoment 瞬きの中の永遠 東...

応援クリックよろしくお願いします。

美術館・ギャラリーランキング
美術館・ギャラリーランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました